その他よくあるトラブル

借地権は相続対象となる財産権ですから、相続人の事情によって相続放棄が可能です。遺産の総額よりも負債の総額が上回っている場合、相続放棄の手続きを行うことで、遺産や負債を相続せずに済みます。借地権だけ相続してほかのを放棄する、あるいは借地権の身を相続して他の権利を放棄することはできません。相続開始を知った時から3か月以内に決めなければならないので、慎重に、迅速に判断する必要があります。相続放棄する際には、家庭裁判所に、相続放棄の申述書を提出します。

では、相続時に地主から、貸していたのは前の所有者との信頼関係であって、今後は貸さないと言われたらどうしたらいいでしょうか。借地権を相続することを地主が拒むことは原則として認められません。なぜなら借地権の無断譲渡とは違うからです。

法律上の地位が包括的に法律上当然に相続人に移転するだけだからです。また、借地権設定契約に、相続による借地人の地位承継を認めない旨の特約があっても法律上無効です。地主側に相続後の賃貸借契約解消の申し出があっても、応じる必要はないのです。ただ、こういう話があったら、まずは当事者同士で話し合い、場合によっては専門知識のある不動産会社や、弁護士等を介することも視野に、冷静な話し合いをした方が良いと思います。

関連サイト≪http://www.syakuchi-soudan.com/souzoku.html≫