名義変更に関わるトラブル

借地権相続手続きが終わった後に想定されるのが、契約書の名義変更を地主から要求されることです。これは必須なのかどうかというと、法律上、借地権設定契約は自動的に引き継がれるため、地主の要求に応じる義務はありません。ではなぜ地主が名義変更を求めるのかというと、契約関係を明確にするためと考えられます。

これ自体はおかしなことではないと感じますが、その際に、名義変更料といった建前で、地主から金銭の支払いを要求される事例があります。長い付き合いになることを考え、トラブルを避けるために支払いに応じるのも一つの考えですが、要求に応じる法律上の義務はありません。
名義変更に応じ契約書を新たに作成しなおす際に気を付けておきたいのは、契約内容が、従前の内容と比べて借主に不利になっていないかどうか?という点です。この点よく不動産会社の専門スタッフや、弁護士さんに相談するとよいでしょう。自己判断は禁物です。

借地権を相続した際に、地主との間で特に何も伝える必要がないかどうかというと、信頼関係を考えれば、地代の振込先や今後の連絡先などは共有すべきでしょう。契約当事者をはっきりさせるため、相続したのは自分だということを丁寧に伝えることも、法律上の義務はないとはいえ、トラブルを防ぐには必要です。